Hot Topics: 国内最大級の首都圏オペレーションセンターが稼働

国内最大級の首都圏オペレーションセンターが稼働

株式会社ディーソルは、印刷・プリント・メーリングのサービス拠点を、北越コーポレーショングループから譲り受けた所沢事業所(旧株式会社ビーエフ)に集約、基幹拠点として再構築し、2021年6月1日より首都圏オペレーションセンターとして稼働を開始いたしました。

変化する市場環境に迅速に対応するため、点在していた印刷部門(東京工場、西東京工場)を所沢新センターのBFファクトリー事業部に、オペレーション部門(旧首都圏オペレーションセンター、西東京オペレーションセンター)を同センターのDP&MS事業部に統合しております。
また、旧首都圏オペレーションセンターは、新たに春日部BPOセンターとして稼働いたしました。

この新体制で、印刷、プリント、メーリング業務の一貫生産を強化するとともに、さらなる効率の最適化、品質の安定化等を実現します。さらに、当センターと九州BCPセンター、春日部BPOセンターの3拠点と、それを支える長崎開発センター、IDC佐世保、五島アイランドインプットセンター、札幌多目的センターにより、想定される首都直下地震や南海トラフ地震などの災害時にも、製品やサービスを安定的に供給できる強固で柔軟な体制で企業の社会的責任を果たしてまいります。

首都圏オペレーションセンター概要
 
 〇アイランドビルA館
   BFファクトリー事業部 
 〇アイランドビルB館
   DP&MS事業部
 
 - 所在地  埼玉県所沢市南永井667番地の1
 - 工場敷地 18,500㎡
 - 建物面積 延13,500㎡