Hot Topics: 国内最大級の首都圏オペレーションセンターが稼働

AED

弊社は、高度管理医療機器等販売業/賃貸業の認可を得て、唯一の国産メーカーである日本光電工業のAED(自動体外式除細動器)を販売しています。
導入先には、AEDを用いた心肺蘇生の講習も行っています。
 

 
日本の病院外で起こる心臓突然死の原因は、その殆どが「心室細動」です。 「心室細動」とは、心臓の心室が小刻みに震えて全身に血液を送ることができない状態のことです。この状態の心臓には一刻も早くAEDなどの除細動器で電気ショックを与え、正常なリズムの拍動を回復する必要があります。
 
2004年7月よりAEDは、医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所以外でも、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等の人が多く集まるところに設置されています。
弊社で販売しているAEDは、日本光電の技術を終結した国内開発・製造のAEDで、下記のような様々な機能・サービスをご提供いたします。
 

簡単操作

■簡単3ステップで、確実で迅速な操作が可能です。
 ①フタを開けると自動で電源ON → ②電極パッドを胸に貼る → ③ボタンを押して電気ショック
■電極パッドの装着、除細動の適否、心肺蘇生などの一連の操作を音声アナウンスで指示します。
■電源ONから100回/分の動作音開始。動作音に合わせていつでも胸骨圧迫ができます。
■電極パッドは予め本体に接続した状態で保管されているので、緊急時における電極パッドの接続ミスや時間のロスを防げます。
■パッド装着指示ランプで電極パッドがしっかり貼られていることを確認できます。
■電極パッドを貼ると自動で心電図解析を開始、除細動が必要な場合にのみ充電します。
(除細動が必要でない心電図波形に変化した場合、充電がキャンセルされる機能がついています)
■ショックボタンを押すだけのワンボタン操作です。
■成人・小児モード切換スイッチで幅広い年代に対応が可能です。
 

 

充実のセルフチェック

1日1回必ずセルフテストを自動で行います。セルフテストは本体・バッテリ・電極パッドを含めてトータルで行います。
セルフテストの結果は、インジケータ(緑=OK・赤=NG)で表示しているので、フタを開けずにいつでも装置の使用可否を確認できます。
異常がある場合はアラーム音でお知らせします。バッテリ残量(5段階表示)と異常箇所を視覚で確認できます。
 

リモート監視システム(AED Linkage)

AED Linkage はAEDの状態を集中管理するシステムです。
毎日のセルフテストの情報は、リモート監視端末からPHS回線を利用して、サーバーに送信されます。
送信された情報(AED本体の状態、電極パッドの使用期限、バッテリの残量/廃棄期限等)はWEB上で確認することができます。
AEDにトラブルがあった場合や、電極パッド・バッテリの使用期限前に、事前に登録いただいたメールアドレスへお知らせします。
AED点検担当者の方は、日常点検の結果をWEB上の点検表で登録・確認できます。
 

定期交換部品

電極パッド

使い捨てタイプで、未使用の場合も工場出荷より概ね2年2ヶ月が使用期限です。使用期限をフタを開けることなく確認できます。
また、毎日のセルフテストで使用期限を確認し、期限が切れるとアラーム音でお知らせします。
 

バッテリパック

SB-310V 160回以上の除細動ショック、または6時間以上の動作が可能
NKPB-14301 70回相当の除細動ショック、または約2時間の動作が可能
NKPB-28271 140回相当の除細動ショック、または約4時間の動作が可能
※上記は1新品バッテリ、20℃のとき
AED本体および関連用品の価格など詳細につきましては、お問い合わせください。

 
03-5645-7199